光文社文庫 5月の新刊

(5月12日発売/一部地域をのぞく)

今月の新刊はコチラ


  • 能登花嫁列車殺人事件
    西村京太郎
    定価:660円(税込み)

    初文庫化!
    白無垢姿の女優が凄惨な死を遂げた! 
    事件の陰には、15年前の映画があるのか!? 
    十津川警部の名推理!

    解説:細谷正充

    能登半島七尾市で、白無垢姿の女性が喉を切って死んでいるのが発見された! 十五年前の映画で注目されながら、姿を消した女優。悲恋の末に自害する姫君を演じていたが、それをなぞるような死は自殺なのか? それとも――。捜査が進む中、女優の娘を主役に再映画化の話が持ち上がる。背後に見え隠れする大物政治家の影。十津川警部は執念の捜査を続ける!

  • 未来を、11秒だけ
    青柳碧人
    定価:748円(税込み)

    いつか、一人になる。だから今、手を握りたい。
    未来が見える主人のいるシェアハウス。
    傷を抱えた人間たちを、次々と試練が襲って――
    記憶と未来、時空を揺るがすミステリー、2カ月連続刊行!

    解説:織守きょうや

    早紀は、眠っている間に未来を見ることができるという男・ジョージと出会う。彼の営むシェアハウスで起きた失踪事件に、物の記憶を夢に見る能力を持つ司と協力し、挑むことに。やがて背後に蠢く犯罪組織の存在や、住人たちの秘密が明らかになり――。特殊な力を持つ面々が、大切な現在と仲間のために奔走する。不思議でビターで心地よい、新感覚のミステリー!

  • SCISⅣ 科学犯罪捜査班
    天才科学者・最上友紀子の挑戦
    中村 ひらく
    定価:858円(税込み)

    震撼の科学ミステリーシリーズ第4弾! 
    人気ユーチューバーが謎の投身自殺! 
    ――天才科学者と警視庁科学捜査班が、
    最先端科学の絡む怪奇事件に挑む! 
    文庫書下ろし

    解説:細谷正充

    人気ユーチューバーの大学生三人が、投身自殺した。マインドコントロールを疑う上司から捜査を命じられた警察庁の小比類巻祐一警視正は、警視庁科学捜査班(SCIS)と調べ始めたところ、想像もつかなかった真相が浮かび上がった――。科学者・最上友紀子と小比類巻率いるSCISが、最先端科学技術が絡む事件の真相に迫る! 人気サイエンスミステリー第四弾。

  • 須美ちゃんは名探偵!?
    浅見光彦シリーズ番外
    内田康夫財団事務局
    定価:770円(税込み)

    あの浅見家の須美ちゃんが、
    浅見光彦顔負けの推理で身の回りの謎を解き明かす!
    内田康夫・著「ある日の浅見家」特別収録

    吉田須美子は、友人である生花店の小松原育代から、不思議な花の買い方をする紳士がいると聞いた。この紳士、同じ市民講座を受講した顔見知りで、育代には少し気になる存在のよう。花の種類も本数もばらばらなのは、何かの暗号だと気づいた須美子は・・・・・・。(「花を買う男」) ご存知、あの浅見家の須美ちゃんが、名探偵「光彦坊っちゃま」もびっくりの大活躍!

  • 沈黙の狂詩曲ラプソデイ精華編Vol.1
    日本最旬ミステリー「ザ・ベスト」
    日本推理作家協会編
    定価:1012円(税込み)

    人気ミステリー作家競演豪華アンソロジー
    短くてもどんでん返しは十重二十重!

    解説:西上心太

    収録作品
    青崎有吾「三月四日、午後二時半の密室」/秋吉理香子「奇術師の鏡」/有栖川有栖「竹迷宮」/石持浅海「銀の指輪」/乾 ルカ「妻の忘れ物」/大山誠一郎「事件をめぐる三つの対話」/織守きょうや「上代礼司は鈴の音を胸に抱く」

  • 江戸川西口あやかしクリニック6
    幸せな時間
    藤山素心もとみ
    定価:770円(税込み)

    就活全滅だった亜月がたどり着いた
    最高に幸せな居場所とは? 
    感動の大団円を見逃すな!!
    文庫書下ろし

    テンゴ先生と亜月は、あやかしクリニック分院の話を受けようとしない医師の説得に、東北へ向かうことになった。それは二人にとって初めての旅行でもあり、幸せな時間を満喫するのだが、テンゴ先生から思いがけない言葉を聞く。
    ――世の中の負の感情がたまり、逢魔が時に異界の門が開く現象が各地で発生。ゲートキーパーでは持ち堪えられなくなってきていた――。

  • 霊視みえるお土産屋さん3
    幽霊騒ぎと残された銘菓
    平田ノブハル
    定価:726円(税込み)

    霊が視えなくなったんだ。
    (なんやってー!?)
    力を失った甲斐、それでも困っている人を助けたい燈子。
    奮闘する二人の前に、燈子の元カレが――!? 
    文庫書下ろし

    目建甲斐の”霊視る”力を使って霊にまつわる相談を受けている「鳰の海」に中学生がやってきた。枕元に立った見知らぬ老人が会ったことのない祖父で、自分に何か伝えたいことがあるのではないか、という。困った人を放っておけない俵燈子は依頼を受けようとするが、甲斐から「霊が視えなくなった」と驚愕の事実を告げられる--。大ピンチのシリーズ第3弾!

  • しのぶ彼岸花
    上絵師 律の似面絵帖
    知野みさき
    定価:726円(税込み)

    若女将として初めての新年を迎える律は
    懐妊の兆しに気づく――。
    ひたむきに生きる女職人の姿を描く人気シリーズ!
    文庫書下ろし

    葉茶屋・青陽堂の嫁として初めての新年を迎えた律。若女将の務めと上絵師の仕事――その両立に励む折り、懐妊の兆しに気づく。喜びと不安に揺れる律に、女形の役者から着物の仕事が舞い込んだ。殺された倅の弔いに彼岸花を描いて欲しいというのだが……。義妹・香の出産、新たな似面絵にからむ事件など、悲喜こもごもの日々が描かれる人気シリーズ第七弾!

  • 夜鳴き蟬
    父子十手捕物日記
    鈴木英治
    定価:726円(税込み)

    御牧父子、さくらと赤子に振り回される! 
    お春、お知佳に言葉巧みに近づく駒蔵の正体は? 
    胸に兆す嫌な予感は同心の勘か、それとも妬心か……

    南町奉行所・定町廻り同心の御牧文之介は、町中で、惚れている娘・お春と笑顔を交わす小間物売り・駒蔵を見かけ、中間の勇七と跡をつける。駒蔵は、隠居した元同心の父・丈右衛門が密かに思いを寄せるお知佳とも親しげな様子だ。胡散臭さを覚えた文之介は、駒蔵の身辺を洗い始める。いっぽう、預かった赤子の世話を口実に、御牧家に入りびたるさくらだが……。

  • 旅立ちの虹
    はたご雪月花
    有馬美季子
    定価:704円(税込み)

    ようこそ、美味と癒しの宿へ! 
    垂涎の料理、江戸の人情に
    謎解きの醍醐味も味わえる新シリーズ!
    文庫書下ろし

    隅田川を望む旅籠「雪月花」には多くの客が訪れる。両親の死であとを継いだ若女将・里緒のもてなしや料理で人気の出た雪月花を、武蔵国府中の名主が訪れた。金払いもよく上機嫌で宿を出た、その名主が死体で見つかった――。雪月花を訪れた南町奉行所定町廻り同心・山川隼人とともに、若女将・里緒が事件の真相を追う! 料理と謎を堪能できる新シリーズ、開幕。

  • 狼の牙
    八丁堀つむじ風(十二)
    和久田正明
    定価:770円(税込み)

    成沢東一郎が捕らわれた! 
    南町奉行所定廻り同心一同、
    濡れ衣を晴らすべく、一致団結、闇を追う! 
    待望のシリーズ書き下ろし! 
    文庫書下ろし

    成沢東一郎とお紋が助けた、若いごろつきに追われていた娘は、公家の姫君だった。彼女に気に入られた成沢だが、お紋は落ちつかない。一方、お縄にしたごろつきの父親が、息子の減刑を願い、訪ねてくる。はねつけたものの、この男はお奉行の覚えもめでたいという請負師の京春屋。心配する周囲をよそに詮議を続ける成沢だったが、その息子が頓死してしまう――!

  • 相弟子
    若鷹武芸帖
    岡本さとる
    定価:726円(税込み)

    迫真の剣戟と笑いと涙溢れる傑作! 
    薄幸の女剣士の危機を公儀武芸帖編纂所頭取たちは救えるのか。
    涙腺崩壊のシリーズ第八弾。
    文庫書下ろし

    滅びゆく武芸の流派を調べる公儀武芸帖編纂所。編纂方の水軒三右衛門は、かつての相弟子・和平剣造から〝まだ見ぬ娘〟のことを託された。探し回ったところ、娘は剣術の女道場主となっていた。小太刀の遣い手の女道場主に、三右衛門から話を聞いた編纂所頭取の新宮鷹之介も心を配る。しかし、その道場に黒い影が忍び寄っていた――。落涙必至のシリーズ、第八弾。