光文社文庫 8月の新刊

(8月10日発売/一部地域をのぞく)

今月の新刊はコチラ

  • ロンリネス
    桐野夏生
    定価:880円(税込み)

    後ろ指さされるようなことをしなきゃ駄目なの。
    ベストセラー『ハピネス』続編、待望の文庫化!

    解説:井上荒野

    離婚の危機を乗り越えた岩見家だったが、娘・花奈のお受験や、夫・俊平の実家のある町田への引っ越し話を巡って、夫婦仲はぎくしゃくしている。そんななか、有紗はふとしたきっかけから同じタワーマンションに住む高梨と二人で会うようになり、ダブル不倫中の美雨ママに相談するうち、彼に強く惹かれていく自分に気づく。許されない恋の行く末は――!? 


  • この世界で君に逢いたい
    藤岡陽子
    定価:748円(税込み)

    本当に大切な人を失わないために。
    十歳の時に惨殺された従妹・美羽と、与那国島で暮らす謎めいた少女・久遠花
    ふたりをつなぐものは――?

    解説:藤田香織

    恋人の松川夏美と与那国島へ旅行に来た須藤周二は、民宿の手伝いをしている久遠花と出会った。花は本人にも分からない何かを探しているのだという。周二は彼女を十歳の時に亡くなった同い年の従妹・美羽と重ねていた。京都に戻って二ヵ月、花のことが気になって仕方ない周二に、彼女が姿を消したという連絡が――。本当に大切なものに気付かされる感動作!!

  • 洗濯屋クリーニングや三十みそ次郎じろう
    野中ともそ
    定価:814円(税込み)

    心の染みは、取らなくてもいい。
    愚直でも、懸命に生きている自分の、大切な一部だから。
    クリーニング店を継いだのんびり青年と、周りの人々が織りなす人間模様。
    じんわり心に広がるお仕事小説登場!

    解説:藤田香織

    中島三十次郎は、海外へ渡る兄に代わってクリーニング店を継いだ。腕利き職人・荷山長門はちょっと(だいぶ)頼りない店長に不安を隠せない。ある日ナコという少女が、ケチャップ汚れだけを落とし、ついている灰はそのままにしてほしいとブラウスを持ち込んできた。――誰もが心に染みを抱えている――。喜びも、やり切れなさも優しく包む物語をお届けします。

  • 殺人カルテ
    臨床心理士・月島繭子
    大石 圭
    定価:858円(税込み)

    あなたの物語を聞かせてください。
    どんなに残酷でも、どれほどおぞましくても、私は最後までお聞きします。
    文庫書下ろし

    誰もが振り返る美貌と豊かな知性。クライエントへの真撃な姿勢。精神科医の資格も持つ月島繭子は、どこから見ても完璧な臨床心理士だ。だが、彼女にはもうひとつの貌があった――。今日のクライエントは目の前で恋人に死なれた若い女性だ。打ちひしがれた彼女が語るありふれた身の上話は、やがて異様な熱を帯び始め……。人の心の奥底を挟るダーク。サスペンス。

  • 駅に泊まろう
    コテージひらふの短い夏
    豊田 巧
    定価:682円(税込み)

    まだまだ旅する小説!
    果てしなくひろがるヒマワリ畑へ――
    新米コテージ・オーナーの北海道ハートフル・ストーリー第3弾!
    文庫書下ろし

    心浮きたつ北海道のつかの間の夏。コテージ比羅夫は連日満室で、オーナーの美月はコックの亮と忙しくも充実した日々を送っていた。そんな中、リピーターのカップルが、いつもと違って会話が弾まずぎこちない様子なのに気づく。心配した美月は事情を聞きだすのだが……。新米コテージ。オーナーの、元気いっぱいの北海道ライフを描く、好評シリーズ第三弾!

  • 天国と地獄
    悪漢記者
    安達 瑶
    定価:880円(税込み)

    「東証を止めろ!」
    格差社会で「人生一発逆転!」を目論んだ彼らの行く末は――
    文庫書下ろし

    ヒマネタが一転、特ダネスクープに!! 「週刊超真相」の佐久間が体験取材している最中、超高級シニアレジデンスが占拠された。格差に憤怒する侵入犯たちは、元医師、元警官、元過激派など多士済々。「宝の山かよ!」と、佐久間が取材を進めると、施設の若い職員たちも、ある計画を企てていた。追い詰められた者たちが選んだ最後の行動は、成就か!? 破滅か!?

  • 黒いてつ
    鮎川哲也
    定価:792円(税込み)

    古畑任三郎、刑事コロ・・・・・・倒叙ミステリーはとにかく面白い!
    人気TVドラマの原作となった本格推理の巨匠の傑作短編集!

    解説:山前 譲

    探偵や刑事が推理や捜査を重ねて、殺人の真犯人を探したり、殺害方法を解明するだけがミステリーではない。反対に、犯人の立場から殺人を描いたのが〝倒叙もの〟と呼ばれるミステリーである。本書は一九七八年にテレビ放映されてヒットした倒叙推理ドラマ「チェックメイト78」の原作となった本格ミステリーの巨匠の選りすぐりの短編を収めたアンソロジー!

  • 番士 鬼役伝
    坂岡 真
    定価:726円(税込み)

    200万部ヒットシリーズの超人気シリーズ「鬼役」の原点シリーズが開幕!
    ――修羅の道を進まんとするならば、呵責無く殺人刀をふるう覚悟を決めねばならぬ。
    文庫書き下ろし

    解説:細谷正充

    時は元禄。赤穂浪士の義挙が称えられるなか、江戸城の門番を務める持組同心の伊吹求馬は、剣術の修行に余念がない。ある日、助っ人で加わった盗賊捕縛で、一つの鍵を手にすることになる。そのことで闇に蠢く勢力が浮かび上がり、目の前に謎の人物たちが現れる。はたして、鍵に導かれた先で求馬を待っていたものとは――。大人気「鬼役」の原点といえるシリーズ開幕!

  • あしたの星
    日本橋牡丹堂菓子ばなし(八)
    中島久枝
    定価:682円(税込み)

    伊佐とやっと一緒になれる。心弾ませる小萩だったが――
    とびきりの季節の菓子と人情にほっこりする好評シリーズ第八弾!
    文庫書下ろし

    伊佐と一緒になることになり、心弾ませる小萩。まだ内緒のつもりが、年の暮れには見世の面々に知られることとなった。みなに祝福され、ますます菓子づくりに励もうと思う小萩だが、まわりは違う心づもりらしい。〈小萩庵〉の看板はおろして、手伝い程度に働けばいいというのだが……。人生の曲がり角でとまどい悩む小萩が選ぶ道とは?

  • こおろぎ橋 決定版
    研ぎ師人情始末(十二)
    稲葉 稔
    定価:726円(税込み)

    涙のカリスマ、稲葉稔の人気シリーズ「研ぎ師人情始末」新装版最新刊!
    「剣客研ぎ師」荒金菊之助は、江戸へ出てきた弟子の妹捜しを手伝うなかで思わぬ騒動に巻き込まれる――

    剣客研ぎ師の荒金菊之助の長屋に、菊之助が八王子で剣術指南をしていた頃の門下生・牛山弓彦が訪れた。江戸に出た妹を捜しているが、会えずにいるという。そんな折、通称こおろぎ橋近くの長屋で若い娘のお駒が殺された。お駒は、牛山の妹の幼馴染だった。なぜお駒は殺されたのか。そして、牛山の妹は何処に? 稲葉稔の原点シリーズ決定版、泣ける第十二弾。

  • 男たちの船出
    千石船佐渡海峡突破
    伊東 潤
    定価:946円(税込み)

    日の本初の千石船造りに命懸けで挑む船大工父子
    荒海と真っ向勝負だ!

    解説:山本一力

    瀬戸内一の船匠と称えられる嘉右衛門。しかし、自信を持って造り出した七百石積みの大船が時化で沈没、右腕と頼りにする弟・市蔵や大勢の船子を失ってしまう。失意の嘉右衛門は河村屋七兵衛からの千石船建造の依頼を断るが、息子・弥八郎はそんな父を詰り、嘉右衛門は弥八郎を義絶する。弥八郎は、一人、千石船建造に取り組むことを決意するが……。