連載 名作万華鏡 芥川龍之介編



誰もが一度は読んだことがある「杜子春」を、鬼才・小林泰三が大胆に解釈!


小林泰三  こばやし・やすみ
1995年、「玩具修理者」で日本ホラー小説大賞短編賞を受賞しデビュー。2012年『天獄と地国』、2017年『ウルトラマンF』でそれぞれ星雲賞日本長編部門受賞。他の著書に、『アリス殺し』『パラレルワールド』『因業探偵リターンズ 新藤礼都の冒険』『人外サーカス』ほか多数。